このゲームは、ストライカーを指ではじいてパックに当て、自分のストライカーの線と同じ色のパックをポケットに入れていき、自分のパックが全て入った後にジャックを入れた方が勝ちとなるゲームです。

  1. 打ち方は?
     どちらか一方の手の1本、又は2本の指を使ってストライカーをはじくように打ちます。 この時、手が他のパックにさわったり、身体を他の人が座っている所まで移動させて打ってはいけません。


  2. どこから打つの?
     いちばん初めは、ストライカーはティースポットから打ちます。 2回目以降は、下の図のように、自分のエリアライン上にストライカーを置いて打ちます。
     又、その時もエリアライン上にストライカーがなければなりません。 又、自分の順番が回ってくるまではストライカーを盤の上に置いてはいけません。



  3. 打つ順番は?
     全員でじゃんけんをして、一番勝った人(勝ったペア)が赤のストライカーを持ちます。
     2人の場合は交互に、4人の場合は、勝った人から順に時計まわりに打ちます。



  4. さあ、打ってみましょう
     自分のストライカーと同じ色の入れたいパックが、うまくポケットに入るように良くねらって打って下さい。 但し打った後は、パックやストライカーが完全に止まるまでさわってはいけません。 又、パックが立った時は、そのまま続行します。



  5. 交替
     ポケットに入ったものが自分のパックだけの時は成功なので、続けて打つ権利が与えられます。 (同時に2つ入っても良い)  又、自分のパックと同時に相手のパックが入っても成功として続けて打つことができます。 但し、この時入った相手のパックはサービスとしてそのままポケットに入れておきます。
     自分のパックが1つも入らなかった時は、次の人に打つ権利が移ります。 又、次の表にあるような失敗をしたときは、ペナルティーとして、すでにポケットに入っている自分のパックをジャックスポットの上に戻して次の人と交替します。 ジャックスポットに他のパックやジャックがある場合は、その上に積んでいきます。 又、戻すパックのない場合は借りとしておき、入った時点で戻します。



  6. 失敗とペナルティー

     失敗の状態ペナルティー
    ストライカーが入ったとき
    自分のパックが全部入っていないのにジャックを入れてしまったとき5+ジャック
    盤の外に飛び出したとき
    a.ストライカー
    b.自分のパック
    c.相手のパック
    出たパックをジャック
    スポットへ戻す
    d.ジャック5+ジャック
    A、B、C-a,C-dの時に同時に自分のパックも
    ポケットに入ったとき
    失敗なのでジャックスポットへ戻す
    C-aの状態で、相手のパックがポケットに入ったとき
    相手のパックはそのまま


  7. 勝敗の決め方
    自分のパックを全部ポケットに入れた後で、ジャックをポケットに早く入れた方が勝ちとなります。 但し、


    のいずれかをゲームを始める前に決めておいて下さい。


    彦根カロムのルールへ戻る