庭の樹木

 

 

樹木が好きです。特に雑木といわれる落葉広葉樹、その中でも実のなる樹木が好きです。

庭をつくりはじめる十数年前から身近な野山にある樹木の種子を採取して実生したり、小さな自然実生苗を採取したりして育てて

いました。なんとも地味な趣味ですが、広い世の中にはこんな地味な楽しみをわかってくれる人もきっといるでしょう。

 

これらの苗を鉢に植えたり、畑に植えたりして育てていたものもこの庭に植えこんでいます。

この機会に購入したもの以外は一本一本思い入れがあり、すでに長い付き合いをしてきたものばかりです。

 

樹形の完成した庭木を植えれば、すぐにでも見栄えのする庭になるのでしょうが、植える樹木もできるだけ手づくりに徹したい。

お金をかけずに手間かけて・・・・頑固な性分です。

 

樹木はまだ小さいものばかりですが、成長を楽しんで育てていこうと思います。

 

 

アカシデ

アメリカハナミズキ

イイギリ

ウメモドキ

エゴノキ

オオヤマレンゲ

ガマズミ

カマツカ

カリン

コマユミ

ソヨゴ

ドイツトウヒ

マユミ

山アジサイ

ヤマコウバシ

ヤマボウシ

リョウブ

 

 

 

温州みかん

サクランボ

 

 

 

 

 

 

                 

イイギリ(飯 桐)

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶん前に鈴鹿の山へ行ったとき、山の中に南天のような赤い実つけた背の高い樹木を見つけました。

下に落ちている実を拾って持ち帰り実の中の種子を発芽させました。

数十本発芽し、そのうち10本程度を寄せ植えにして長い間小さな薄い鉢で育てていたのですが、仕事で帰宅が遅いことが続いた時期に水やりができなかった結果生き残った最後の一本です。

調べてみると南天のように実をつけることから南天桐とも呼ばれているようです。

実がなるまでに十年以上かかるようですが、実生してからもう十年は経つような気がします。

現在の樹高は1m。非常に背の高くなる樹木なので、手のつけられないほど大きくならないよう気をつけなければと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                             

 

 

2009年5月の樹形です。

 

 

上の画像と比べるとずいぶん大きく成長しました。

樹高は2m50cm程度

もともと大きくなる樹木なので、手に負えないような大木にならないように毎年鋏で強い枝を抜きながらケヤキのほうき仕立てのような樹形に育ててきました。

日陰をつくってくれるほどの樹になり、根元は外周30cmぐらいにまで太くなりました。

 

 

引き続きノコギリで大きな傷を付ける事のないように毎年鋏で成長をコントロールしていこうと思います。

 

 

 

 

 

                                                                      TOP

 

 

 

 

 

 

 

マユミ(真 弓)

 

 

 

 

まっすぐに幹を伸ばすので、その昔、弾力のあるその幹で弓を作ったということからこの名前が付いたということです。

この名前を聞くと弓よりも女性の名前を連想してしまいます。

 

私の家のすぐそばを川幅100mほどの琵琶湖に流れ込む河川があり、その川辺林には種々の樹木が自生しています。

 

この庭には2株の真弓を植えています。

 

今白い小さな花をつけていますが、実はピンク色で、四つに割けて赤い種子がのぞきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                               TOP

 

 

 

 

コマユミ(小真弓)

 

近くの川辺林の高木の下にはコマユミがたくさん生えています。

 

この木もずいぶん前に小さな実生苗を採取してきたものです。

畑の隅に二本植えておいたものですが、これを庭に植えました。

 

毎年地味な花を咲かせて、かわいい赤い実を付けてくれます。

実は割れて2個の種子をぶら下げる姿は、まさにマユミの小型版です。

 

ニシキギとほぼ同じものですが、ニシキギのようなコルク質のものが幹に付かず、すっきりしていて、私はコマユミの方が好きです。

 

                                                                                                           

 

 

 

 

 

葉が少し紅葉してきました。

 

赤い実が割れて種が垂れ下がっています。

控えめで可憐な実です。

この実の姿もマユミの小型版です。

 

                       2003.10.25

 

 

 

 

 

 

 

枝が伸びて新緑が爽やかです。

直径2mぐらいの球形に成長しました。

そよ風に枝が揺れて涼やかです。

 

 

 

 

      2009.5.6

 

 

 

 

TOP

 

 

 

 

リョウブ(令 法)

 

 

 

 

 

 

若葉を蒸して米に混ぜて炊き、リョウブご飯にして食べるなど、飢饉の時には食糧としていたようです。

その昔、飢饉に備えてリョウブを植えたものなのか、私の近くには丘陵全体がリョウブ林になっているところがあります。

「風景をつくる人」の中で、柳生博さんが大きなリョウブの株立ちの大木を移植される話が載っています。この庭にもリョウブの株立ちを育てたいなと育てています。

今は本当に小さな苗状態ですが、早く背丈ほどに成長してほしいなと毎日眺めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                            TOP

 

 

 

 

ヤマコウバシ(山香ばし)

 

 

 

 

 

 

家の近くの河辺林にたくさん見られます。

冬になると、雑木林はほとんどの樹木が葉を落としますが、ブナなどと同じように、ヤマコウバシは黄褐色に紅葉した葉をそのまま付けて春の芽吹きを迎えます。

雑木林の中で背丈も低く目立たない樹木ですが、冬には葉をつけたこの木をすぐに見つけることが出来ます。

クロモジの仲間だから、葉や枝にはいい香りがあります。このことから「山香バシ」という名前が付いているのでしょう。

 

身近にある樹木だけどこんな木があることを知っている人はほとんどいません。

 

この木は友人F君にいただきました。

 

 

 

                                                                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉しました。

鮮やかな赤でもなく黄色でもなく褐色です。

渋い樹です。

この葉が来春の芽吹きまで落ちずに残ります。

ブナもそうですよね。

 

         2003.11.24

                                                                                                      

 

 

昨年の葉を落として新緑の季節です。

この樹もずいぶん大きくなったものです。

新芽はやわらかく、少し伸びると自らの重さを支えられず下を向いています。

秋から冬の堅くて茶色のイメージとは対照的な柔らかい樹となる季節です。

 

 

 

                   2009.5.6

 

 

 

 

 

 

                                                                                        TOP

 

 

 

 

エゴノキ

 

 

 

 

 

 

清楚な白い花を下向きに垂らせます。

ここ数年人気が出てきて庭に植えられ庭先でお目にかかることが多くなってきました。

この実をつぶして川の水に浸すと、魚がしびれて浮かんでくるらしく、魚を捕ることに使えるようです。

私の年代ではこんな魚つかみはしたことがありませんが、気をつけて探すと私の生活圏にはまだまだ自生のエゴノキを発見することができます。

画像は友人F君からもらったエゴノキを、株立ちにするため2002年の6月頃根元から切断して、切株から吹いてくる新芽を育てているものです。

現在樹高約30cm。

気の長い話ですが、3年も経てば身長ぐらいに伸びてくれるのではと期待しています。

 

                                                                                                           

 

 

 

 

 

昨年の6月に根元から切断したエゴノキは、何本かの芽を伸ばしました。上の画像と比べると少し株立ちらしくなってきましたよね。

今のところ計画どおりの成長です。現在の樹高1.5m。

目標樹高2.5mまであと1.0m

来年には花を咲かせてくれるでしょうか。

こうして画像を整理すると成長がよくわかりますね。

HPつくっていなければ写真も撮らないし、撮ってもこんなに比べてみることもないでしょう。

 

 

                                                     2003.9.27

 

 

 

                                                                                                                 

 

 

樹高が2.5mぐらいになりました。

幹も太くなり株立ちの植木らしくなったので、リホームで新たにできたスペースへ2006年の早春に移植しました。

画像は2006年5月6日の姿です。

新芽がまぶしく、花の蕾もたくさんできています。

切断から4年です。

 

 

                  2006. 5. 7

 

 

 

 

                                                                                          

 

蕾がふくらみ、今日一つだけ開花しました。

下向きに控えめな純白の花です。

 

 

 

 

                                                               2006. 5. 21

 

 

                                                                                            

 

こんなに綺麗に咲きました。

下向きに控えめな純白の花を咲かせるこの樹が好きです。

ちょっと満開の時期を過ぎ、散り始めました。

桜の花のように散り際も潔し。

 

 

    2006. 5. 27

 

 

                                                                                           

 

 

ずいぶん大人らしく立派なりました。

支柱をはずすとき太くなった幹が食い込んでいました。いつも見ていると気づかないのですが、かなり太くなったようです。

上の画像と比べると存在感が出てきました。

 

樹高は毎年切り戻して高くしていません。

枝は強い枝を抜いて繊細な雰囲気を保とうと努めています。

 

数年前根元に木屑が落ちていました。てっぽう虫が入ったようです。かなり探しましたが駆除できませんでした。

 

今たくさんの蕾ができました。開花間近です。

 

 

 

               2009.5.6

 

                                          TOP

 

 

 

 

 

ソヨゴ(冬 青)

 

 

 

 

 

 

赤い実をつける常緑樹です。

近年はガーデニングに使われることも多いらしく、近くのホームセンターにも苗木が売っていました。

 

これはリョウブと同じ日に近所の丘陵地で小さな苗を採取したもので、まだまだ小さくて近くに植えたレモンバームに包み込まれてしまいそうです。

 

何年経てば赤い実を付けてくれるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                            TOP

 

 

 

 

山アジサイ

 

 

 

 

 

 

園芸品種のアジサイは、大輪で色鮮やかですが、この山アジサイやコアジサイは控えめで素朴で上品な花を見せてくれます。

私の近くの野山にはたくさん自生していて、何年も前に採取したものを畑で育てていましたが、この庭をつくるにあたり移植したものです。

あまり日当たりが良くない場所のほうがいいのですが、この場所は日当たりが強すぎます。

アメリカハナミズキが茂ってくれると、この山アジサイを真夏の直射日光から守ってくれる計算で植えたのですが、昨年植えた初代ハナミズキは残念ながら根づかず枯れてしまいました。今年再度挑戦したハナミズキが数年後には日陰をつくってくれる予定です。

                                                                                                           TOP

 

 

 

 

ウメモドキ(梅 擬)

 

 

 

 

 

 

微妙にシソに似たような繊細な葉。

秋には真っ赤な実を付けて、落葉後にも赤い実だけが残り、その姿が花の咲いた梅の木のように見えたからでしょうか。ウメモドキという変わった名前がついています。

自然と株立ちになる性質のもののようで、盛んにひこ生えを出します。

 

丘陵が開発される前に、自生のウメモドキを何本か救出してきました。もう十数年前のことです。

畑の隅に植えて育てていたものをこの庭に4株移植しました。

同じ種の樹木でも枝の繊細さ、実の大きさとその数に微妙な差があり、それぞれに個性を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                              

 

 

 

 

今年はたくさんの実がなりました。

昨年は植え替て樹勢が弱っていたせいかあまり実がつきませんでした。

 

寒くなる頃には赤く色づきます。

葉が落ちても赤い実は残ります。

 

 

                                      2003.8.28

 

 

                                                                                

 

 

 

 

実が色づきました。

葉も少しさみしくなって、実の赤があでやかです。

今年は実なりがいいようです。

 

こんなきれいな赤い実がなっているのに、小鳥はあまり好物ではなさそうです。

和風庭園には千両の実が色づいていますが、こちらの方を小鳥は好みらしく、食べに来ています。

ウメモドキの実は美味しくないのでしょうか。

 

                                      2003.10.25

 

 

                                                                                   TOP

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(山法師)

 

 

 

 

 

 

アメリカハナミズキの仲間ですが、こちらは純国産種。

山に咲く白い苞が法師の衣に見えることから山法師の名がついたようです。

 

近年はアメリカハナミズキと同様、庭に植えられたり街路樹として植えられたりと街でよく見かけるようになりました。

 

この地方にも自生しているはずだと、以前に種子を採取するため花の咲く季節に県内の山を探し回りましたが結局見つけることはできませんでした。

 

庭をつくるにあたって、残念ながら自然からは得られなかったヤマボウシを購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                               TOP

 

 

 

 

オオヤマレンゲ(大山蓮華)

 

直径12〜15cmの白い花が下向きに遠慮がちに咲きます。

奈良の大峰山や大台ケ原周辺の自生地が有名で、はすの花に似ていることから大山蓮華という名前が付いたようです。

開花前のつぼみは、まるで純白の卵のようです。

花は清楚な、清らかな森の香りがします。

日本人の好みそうなたたずまいです。

 

昨年(2002年)に購入し植えたものですが、もうこの庭で2回清楚な花を見せてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                              TOP

 

 

 

 

アメリカハナミズキ

 

 

 

 

 

 

その昔、東京市がワシントン市に贈りポトマック川の岸に植えられたソメイヨシノの返礼に、このアメリカハナミズキが日本に送られたことは有名です。

 

近年ガーデニングはもとより、街路樹にも多用されるようになりました。

私の家の近くにもこの樹の街路樹があり、5月になると上品な彩りを見せてくれています。

 

父がこの庭に自分も何かを植えたいと言ってくれたので、洋風茶室の窓の正面にアメリカハナミズキを植えてもらいシンボルツリーとすることとしました。

昨年(2002年)の春に初代ハナミズキを植えてもらったのですが、残念ながら根付かず、今年再度の植樹です。

 

 

新緑の緑、彩りの花、花後の赤い実、秋の紅葉と一年間季節を知らせてくれるはずです。

 

                                                                                                          TOP

 

 

 

 

ドイツトウヒ

 

 

 

 

 

 

現在18歳の長男がまだ小さい頃、40cmくらいの小さな苗木をクリスマスツリーとして購入しました。

以後クリスマスの前になると鉢上げして飾り付け、終わると畑に植え戻していたものです。

樹高を高くしないように剪定しながら育てていたのですが、それでも徐々に幹が太く大きくなる樹を鉢上げすることが困難になってきたのと、二人の子供が大きくなってクリスマスツリーを以前ほど喜ばなくなったので、最近は畑に植えたままになっていたものです。

 

現在樹高約180cm。子供の背の高さに合わせて伸びてきたこの樹は、もう鉢上げすることなく250cmぐらいまで伸ばして、12月には電飾しようかと思います。

 

きれいな円錐形になってきれいなクリスマスツリーに育ってくれています。

この樹の他に何種かのコニファーを植えています。

 

 

 

                                                                                                               TOP

 

 

 

 

カマツカ(鎌 柄)

 

 

 

 

 

 

カマツカはその材が堅いため、鎌の柄(つか)に使われたためそのように呼ばれたもののようです。この名前の他にウシコロシという名前がありますが、牛の鼻環に使うことから付いた名前で、これも材が堅く昔からいろいろな道具に使われていたのでしょう。

 

園芸品種でなく、探せば身近に自生していて、昔から人間と深く関わってきた雑木で、よく見ると魅力のあるこのような樹が私は好きです。

 

一時、実のなる樹木が好きで、野山にある樹の種を採取しては家で実生させていました。このカマツカもその時のもので、山で赤い実を採取して実生したものです。

 

まだまだ小さな苗ですが、これで実生後昨年まで小さな鉢で育てていたもので7〜8年は経過しているはずです。

 

 

 

 

 

 

                                                                                                            

 

 

2005年秋に初めて実をつけました。

山で採った実から採取した種を発芽させ、何年も経った後にこれにも実がなる。

なんとも地味な話ですが、大感激です。

じつは花が咲いていることに気が付いていませんでした。

 

控えめな実が少し実ってくれました。

 

 

 

                                                                                            

 

 

 

2006年5月6日の画像です。

今年は去年よりもたくさん花芽がついています。

庭には6株ぐらい植えているのですが、ほとんどの株で花芽が付いています。

今年の秋は少しにぎやかに庭を彩ってくれそうです

 

 

                  2006. 5. 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                             

 

 

 

こんなにたくさんの花が咲きました。

昨年は花に気づかなかったので初めてのご対面です。

今年の秋は期待できそうです。

こうして手元で育てると四季の姿が観察できるので、野山で見かけてもこれはカマツカだって見分けが付きます。

実のなった姿しか知らないと他の季節には見分けが付きません。

 

 

 

                  2006. 5. 20

 

 

 

 

 

                                                                            TOP

 

 

 

 

 

さくらんぼ

 

 

 

 

 

 

さくらんぼの苗木を購入しました。

2種の苗木を植えないと実がならないようです。

表示にしたがって相性のよい佐藤錦とナポレオンという品種を植えています。

 

庭に植えるような樹木ではないのですが、実が食べられるのが魅力。

身近なところで世話をして、なんとか収穫できればと期待しています。

 

結構大きな樹になるようですが、こぢんまりと育てて、少しだけその季節に味わえればいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                             TOP

 

 

 

 

温州みかん

 

 

 

 

 

 

みかんも植えました。

温州みかんです。

昨年(2002年)は成長しませんでした。

現在樹高約1.5m

今年こそはぐんと成長して、甘いみかんを食べさせてほしいなと期待。

 

アゲハチョウが好みなので、卵をたくさん産み付けます。

こんな小さな木に大きなアゲハチョウの幼虫が孵ればすぐに葉が食い尽くされてしまいます。

殺虫剤は使いたくないので、昨年は卵の段階ですべて取り除きました。

 

こんなに大事にしているのだから、早く味わせてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

                                                              TOP

 

 

 

 

アカシデ(赤四手)

 

我が鈴鹿山脈の林道を走れば、いたるところで出会うことが出来ます。

シデの仲間は図鑑で見ても多いらしく、クマシデ、イヌシデ、サワシバなどがあるようで、雄花序をたれ下げます。新芽が赤く、他の仲間よりも繊細な感じのアカシデ以外は私には区別は難しそうです。

この木は小さな実生苗を採取してからかなりの年月が経ちます。小さな鉢に植えていたので、まだ樹高は60cm。

庭や街路樹でやけに目にするケヤキよりも珍しく新鮮で、繊細でさやさやと涼しげなこの樹は私の好みなのです。

2〜3mの樹高で、自然な樹形に育てられればきっと素敵だと思うのですが。

この思いをわかってくれる人はなかなかいないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                           TOP

 

 

 

 

ガマズミ

 

 

 

 

 

白いアジサイのような花が終わると、秋に真っ赤な実を房状に付けてくれます。

川辺林にも見られるようです。

図鑑で見るこれの実は、ルビーの宝石のようなつややかな赤色をしており、ずいぶん以前からこの木を育てたくて、努力していました。

実を採取して実生すればいいのですが、実がなった季節になかなかめぐり合えず、野取りの枝を挿し木したりしましたが結局自然から得ることが出来ず、購入してしまいました。

この種は仲間が多いらしく、同じような葉、同じような花をつける植物が自然界にたくさんあります。オトコヨウゾメ、ヤブデマリなどはきっと実を付けていない状態で私には区別がつきません。

図鑑で見るオトコヨウゾメの実も上品で、なんとか入手したいものです。

 

この秋真っ赤な実を付けた画像を載せたいと思います。

 

 

 

 

                                                                                                              TOP

 

 

 

 

 カリン(花 梨)

 

 

 

 

私がまだ学生の頃、畑の隅にカリンが植えられていて、大きな実を付けていました。

その実が落ちて果実が腐り、自然に実生苗が無数に出ていました。その苗の数本を地植えして幹を太らせ、将来鉢上げしようと思っていたものです。

親の木は苗を採取した頃に伐採されてなくなってしまったのですが、その子どもたちはしっかり生存し、この庭に3株植わっています。

 

カリンは春の芽吹きが非常に早い。他の樹がまだ動き出さない時期に、真っ赤な芽が幹から吹き出してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                              

 

 

カリンの花です。

梅よりもしっかりした花びらで、きれいなピンク。

こんな可憐な花を付けるのに、毎年あまり気にしていませんでした。

よく観るとすごくかわいい。

 

今年はしっかり記録しました。

 

 

 

            2009.4.19

 

 

 

                                                          TOP

 

Breezy Garden bbs       Mail

 

 

HOME

 

M E N U

 

NEXT

 

BACK