ロックガーデン

 

 

小径に使った残りの石でロックガーデンをつくろうとずいぶん前から計画していました。

洋風茶室も一段落したので、ゴールデンウイークの半日を利用して作業にかかりました。

 

以前からこの場所にこういう形でということまで決定し、縁の石を並べていたのですが、それから先が手をつけられずに一年以上放置していたのです。

 

庭の北側の塀を利用して斜面をつくりました。

この場所は南向きで日当たりがよく、真夏には日差しが強すぎるのではと心配な場所です。

将来的には上に放射線状のパーゴラをつくり、近くに植えているキングサリの花を垂らせる計画をしています。

これが茂れば日中強い日差しは避けられるのですが、それまでは塀を利用してカンレイシャで日よけでもつくる必要があるかなと思っています。

 

水はけがよくなるように、底に植木鉢のかけらや小石をたくさん入れました。

鹿沼土と腐葉土を混ぜて、こんもりと盛り上げ、その上に石を組み隙間に用土を入れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

石と石の隙間が段々畑のようになるよう段差をつけました。

ここに植物を植えつけようと思います。

 

 

もう少し調べてからつくればよかったのですが、ロックガーデンの用土は日向砂や蝦夷砂などをブレンドしたような、「砂」だけを用いると書いている書物を見つけました。

鹿沼土などはロックガーデンには不向きと書いてあるものもありました。

高山の環境を作り出すのだからそうかなと思うところもあるのですが、砂だけの用土に植えて強い日差しにさらせば、どんなものでもすぐに萎れてしまうのではと思います。

今の状態でも水はけは抜群。

まあ自己流ロックガーデンということで、実験するつもりでやってみます。

 

 

2時間ほどの作業で、幅約2.5メートル、奥行き約1.2メートルのロックガーデンらしきものが出来ました。

石は不法投棄された廃棄物だし。水はけをよくするために入れた陶器は割れて処分に困っていた傘立てや植木鉢だから、これにかかった経費は特価で購入した腐葉土と鹿沼土の約2千円のみ。

それにしては立派なものができました。

 

次の週にはそれらしい植物を植えて、もう少しロックガーデンらしい画像を載せたいと思います。

2003.5.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週つくったロックガーデンに植物を植え込みました。

セダム3種、スターラベンダー、アルメリアなど購入しました。

その他に地植えしていたイカリソウ、フタリシズカ、鉢で育てていたチゴユリなども植えました。

半日陰にしか育たないものもあり、日当たりを好むものもあるので、今植えたすべてが育つ環境ではないと思います。

チゴユリ、イカリソウはちょっと無理があったかな。

環境に適したものがあればぐんと増えていくでしょう。

2004年の春にどのように変化しているか、上の画像と比べてみたいと思っています。

 

                                    2003.5.11

 

 

 

 

2003.6.8の状況です。

毎日見ているとその変化に気づかないのですが、こうして画像を比べてみるとかなり変化してきました。

一月の短い間にもずいぶんたくましく成長したものです。

 

2種のセダムを追加しました。

 

 

 

Breezy Garden bbs       Mail

 

 

HOME

 

M E N U

 

NEXT

 

BACK