クロスパス可変IP – YAMAHA RTX1200で接続

旧機種のRTX1200/RTX3000でも接続できることを確認しています。RTX810やNVR500も同様かと思います。RTX1200/RTX3000では名前FQDNでのIPIPトンネリングには対応していませんので、IPアドレスでのIPIPトンネリングで設定します。RTX1200にはGUIでのIPoE系の接続設定ウィザードはありませんので、すべてコンソールから行います。この例ではRTX830で作成したCFGを一部修正して流し込みます。

このページで紹介するのは、ひかり電話の契約がなくONUにヤマハルータを直結する場合と、ひかり電話の契約がありホームゲートウェイ配下にヤマハルータを接続する場合です。

回線にクロスパスのIPv6を開通させてください。

回線IDとアクセスキーを用意して、ルータの型番とともにびわこインターネットにお申し込みください。回線IDとアクセスキーは、フレッツ光ネクストの開通時に封筒でご自宅に届いている書類をご覧ください。 お手元に見当たらない場合はNTT116番にお電話して回線IDとアクセスキーの再送を依頼します。(手元に書類がない場合でも回線お名義と設置場所ご住所から開通することもできます。)

弊社で登録処理をすると、回線でクロスパスのIPv6が開通します。

ホームゲートウェイのLANポートに、RTX1200のLAN2ポートを接続します。

*ひかり電話契約が無いときはONUに、RTXのLAN2ポートを接続してください。

シリアルケーブルかtelnetで設定を流し込みます

TeraTermなどでtelnetログインするか、シリアルケーブルでログインして、次の内容をそのままコピペします。

NTT西日本エリア用です。NTT東日本エリアの場合はコメント部分を修正してください。

console character ascii
console columns 200
ip route default gateway tunnel 1
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ip lan1 address 192.168.100.1/24
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 secure filter in 101000 101001 101002 101003
ipv6 lan2 secure filter out 101099 dynamic 101080 101081 101082 101083 101084 101085 101098 101099
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
tunnel select 1
 tunnel encapsulation ipip
 tunnel endpoint address 2001:f60:0:200::1:1
 ip tunnel mtu 1460
 ip tunnel secure filter in 400003 400020 400021 400022 400023 400024 400025 400030 400032
 ip tunnel secure filter out 400013 400020 400021 400022 400023 400024 400025 400026 400027 400099 dynamic 400080 400081 400082 400083 400084 400085 400098 400099
 tunnel enable 1
ip filter 400000 reject 10.0.0.0/8 * * * *
ip filter 400001 reject 172.16.0.0/12 * * * *
ip filter 400002 reject 192.168.0.0/16 * * * *
ip filter 400003 reject 192.168.100.0/24 * * * *
ip filter 400010 reject * 10.0.0.0/8 * * *
ip filter 400011 reject * 172.16.0.0/12 * * *
ip filter 400012 reject * 192.168.0.0/16 * * *
ip filter 400013 reject * 192.168.100.0/24 * * *
ip filter 400020 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 400021 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 400022 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 400023 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 400024 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 400025 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 400026 restrict * * tcpfin * www,21,nntp
ip filter 400027 restrict * * tcprst * www,21,nntp
ip filter 400030 pass * 192.168.100.0/24 icmp * *
ip filter 400031 pass * 192.168.100.0/24 established * *
ip filter 400032 pass * 192.168.100.0/24 tcp * ident
ip filter 400033 pass * 192.168.100.0/24 tcp ftpdata *
ip filter 400034 pass * 192.168.100.0/24 tcp,udp * domain
ip filter 400035 pass * 192.168.100.0/24 udp domain *
ip filter 400036 pass * 192.168.100.0/24 udp * ntp
ip filter 400037 pass * 192.168.100.0/24 udp ntp *
ip filter 400099 pass * * * * *
ip filter 500000 restrict * * * * *
ip filter dynamic 400080 * * ftp
ip filter dynamic 400081 * * domain
ip filter dynamic 400082 * * www
ip filter dynamic 400083 * * smtp
ip filter dynamic 400084 * * pop3
ip filter dynamic 400085 * * submission
ip filter dynamic 400098 * * tcp
ip filter dynamic 400099 * * udp
ipv6 filter 101000 pass * * icmp6 * *
ipv6 filter 101001 pass * * tcp * ident
ipv6 filter 101002 pass * * udp * 546
ipv6 filter 101003 pass * * 4
ipv6 filter 101099 pass * * * * *
ipv6 filter dynamic 101080 * * ftp
ipv6 filter dynamic 101081 * * domain
ipv6 filter dynamic 101082 * * www
ipv6 filter dynamic 101083 * * smtp
ipv6 filter dynamic 101084 * * pop3
ipv6 filter dynamic 101085 * * submission
ipv6 filter dynamic 101098 * * tcp
ipv6 filter dynamic 101099 * * udp
telnetd host lan
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
dns host lan1
dns service fallback on
#NTT-WEST
dns server 2001:a7ff:5f01::a 2001:a7ff:5f01:1::a
#NTT-EAST
#dns server 2404:1a8:7f01:a::3 2404:1a8:7f01:b::3
dns private address spoof on
statistics traffic on

※RTX830のものから次の箇所を修正しています。
修正点1 RTX830でconsole character en.ascii になっていた箇所を console character ascii に変更。
修正点2 RTX830でtunnel endpoint name dgw.xpass.jp fqdn になっていた行を、IPの直接指定 tunnel endpoint address 2001:f60:0:200::1:1に変更。将来dgw.xpass.jpのアドレスが変更されたり、関西と関東で別のIPアドレスになった場合は変更が必要です。
修正点3 DNSサーバに、NTT東西のDNSサーバIPアドレスを直接指定します。

NTT西日本エリア
dns server 2001:a7ff:5f01::a 2001:a7ff:5f01:1::a

NTT東日本エリア
dns server 2404:1a8:7f01:a::3 2404:1a8:7f01:b::3

ルータのパスワードを設定

最近のヤマハのファームウェアは、telnetはLANからのみ可となっていますが念の為にパスワードを設定しておくと安心です。

接続テスト

こちらのページにアクセスして確認していただけます。IPv4アドレスの次の行のホスト名に、****.west.xps.vectant.ne.jp または ****.east.xps.vectant.ne.jp と表示されればOKです。

http://check.xpass.jp/