クロスパス可変IP – IODATA WN-DAX1800GRで接続

このページで紹介するのは、ひかり電話の契約がなくONUにルータを直結する場合と、
ひかり電話の契約がありホームゲートウェイやオフィスゲートウェイの配下にルータを接続する場合です。

回線にクロスパスのIPv6を開通させてください。

回線IDとアクセスキーを用意して、ルータの型番とともにびわこインターネットにお申し込みください。回線IDとアクセスキーは、フレッツ光ネクストの開通時に封筒でご自宅に届いている書類をご覧ください。 お手元に見当たらない場合はNTT116番にお電話して回線IDとアクセスキーの再送を依頼します。(手元に書類がない場合でも回線お名義と設置場所ご住所から開通することもできます。)

弊社で登録処理をすると、回線でクロスパスのIPv6が開通します。

ホームゲートウェイのLANポートに、WN-DAX1800GRのWANポートを接続します。

*ひかり電話契約が無いときはONUに、WN-DAX1800GRのWANポートを接続してください。

背面のスイッチを「カスタム」にして、電源を入れ直します。

http://192.168.0.1/ にアクセスします

ログインIDパスワードは本体の下面と、箱に入っている小さなメモ紙「設定情報シート」にも書いています。IODATAの2019年後半頃からのルータはランダムなパスワードになりadminではログインできません。

「インターネット」メニューを開き、IPv4 over IPv6(DS-Lite) を選択します。

IPv6機能:
ひかり電話契約あり 「DHCPv6-PD」を選択(本ルータがホームゲートウェイの配下でもそうでなくても)
ひかり電話契約なし 「IPv6ブリッジ」を選択

AFTRアドレス:「dgw.xpass.jp」と入力

最後に「設定」をクリックし、ルータが再起動するとDS-Lite「クロスパス」接続します。

ルータ本体で接続を確認します

http://192.168.0.1/にアクセスして次のようになっていればOKです。

接続テスト

こちらのページにアクセスして確認していただけます。IPv4アドレスの次の行のホスト名に、****.west.xps.vectant.ne.jp または ****.east.xps.vectant.ne.jp と表示されればOKです。

http://check.xpass.jp/